某vocaloidに恋した腐女子のブログです。色々一新しました。ブログ名は前半音楽用語、後半は…まぁ、兄さん的な意味合いで。>一応ブログ主の名前も、音楽用語"歌"より拝借。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
大丈夫私は、羊(スケープゴート)です。きっと誰にも、わかりません…(――――!!!)
どもども。
近頃例のカンタレラ小説は、どっちかってと「悪ノ召使」な気がしてきたariaです



うーん、身代わりの羊と書いてスケープゴートって事で。
あ、歌うときは、ひつじって読んで下さいね?←

なんだか、ダラダラカンタレラ小説?書いてはいるんですが…


やりたいところまで長すぐる…!orz


うあー、もしかしたら、中身全部すっとばして、いきなりラストとか書くかもしれん←
まぁ、とりあえずは、続きからこないだの続きですん。よければドゾー
******************************

「彼女」の記憶は、真っ白な街角から始まっている。
それ以前の記憶は最早おぼろげで、意味の無い断片のようなもので、はっきりしない。
ただ、その日の、視界も息も真っ白な雪の日に、差し伸べられた手は。
今でもまだ、脳裏に焼きついて、離れてはくれない。

その手の持ち主は、後の「彼女」の養父となる男のもので。
そしてまた、その養父は、今の「彼女」の主の父親に仕える男だった。
なれば、「彼女」がその養父同様に主に仕えるのは、ものの通りだったのだろう。

つまり、は。あの冬の日に、「彼女」の運命とやらは、決まっていたのだ。


「(――大分、人目を引くことは出来た、かな…)」
仮面の下で少女は1人、辺りから向けられる視線に辟易しながら思考をめぐらせていた。
主と同じ色の髪、細身ではあるが、似た背格好。相応に整った顔立ち。
主がそこにいると錯覚させるには適任だと、長かった髪はバッサリと切り捨てた。
異なる容貌と瞳を隠すために、このような仮面舞踏会のみではあったが、
少女はたびたび、主の身代わりとして、このような社交場に姿を現していた。

理由は、簡単。
この時間に、この場に彼が居たのだと、参加者達に印象付ける為だ。
――主と、彼の妹君の、秘められた逢瀬が、知られぬ為に。

何故兄妹の逢瀬が、秘められているのか。
それは彼らが、血の繋がった兄妹でありながら、互いに恋い慕っていたからだ。
むろん、近親による恋愛など、許されるものではない。
そしてまたそれは、ボカロジア家の失脚を狙う者達にとっては、格好の餌となる。
なればこそ、ひた隠しに隠さねばならない事実。出来うるなら、無かった事にすべき事柄。

それでも、愛情と言う名の炎を消すなど、容易なことではなかった。

だからこそ、主は思い至ったのだろう。
自らの傍らに控えていた、似通った「彼女」を、自身の身代わりとすることを。

それが「彼女」の心に見えぬ深い傷をつけ、最期までその胸を蝕むとは、思いもせずに。

******************************

と、まぁこんな感じで。
次回は…あるのかなぁ??←←
スポンサーサイト
| 2008/09/12(Fri)15:22 |
| 小説? | comments(1) | trackbacks(0) |
<<笑みを仮面に描いた熾天使? いいえ、魔法で変わった、ただの灰かぶりですよ。 │ ホーム │ ありふれた恋心に今、鍵をかけて…>>
先日はどうもですm(_ _)m
次回楽しみに待ってる人が通りますよwwカンタレラが私の中ではパワープレイなだけに、のめり込んで読んじゃいます。
言いそびれたけど、ボキもサイトを始めました…もう、本当に趣味とオリジナルですが。
ご覧になるならこっそり耳打ちいたしますm(_ _)m
│ 逸花 URL #-[ 編集] │ 2008/09/23 15:22 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
Calendar
« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

aria(アーリア)

  • author:aria(アーリア)
  • 日々躁と鬱の合間を
    行き来している脳みそが
    グールな生物学上♀です。
    おつむりの中は危険です。

    画像は自筆で。

  • RSS

  • まとめ
  • 管理者用
RECENT TRACKBACK
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。