某vocaloidに恋した腐女子のブログです。色々一新しました。ブログ名は前半音楽用語、後半は…まぁ、兄さん的な意味合いで。>一応ブログ主の名前も、音楽用語"歌"より拝借。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
笑みを仮面に描いた熾天使? いいえ、魔法で変わった、ただの灰かぶりですよ。
どもども、コメントで調子付いちゃったariaですよー←

うっかり小説の続き書いちゃったじゃないの、逸花ったら!!←←
あ、サイト教えてねv←←←

さて、話題を急転換しますよー←

―やばいやばいやばい!!MEITO兄さんに惚れそう!!!



↑の動画の歌詞といい声といい、惚れる。やばい。格好良い…!!!
何ていうか、KAITOとは違って、余裕があるの、余裕が。

惚れるって、絶対。


それから、キュンとした曲では「サンドリヨン」ですねー。
おかげさまで、今回更新された小説には「サンドリヨン」の単語が御座いますw



↑素敵中世曲。あ、紹介するの遅い?言うなってwww←

ではでは、今回もダラダラ続いてる小説ですよ。追記からどぞー
****************************

「――えぇ、彼女は本当に、私にとって大事な存在の一人だったの。本当よ?」

翡翠色の髪を持つ女性は、一つの仮面を手にそう語った。
今は亡き、親友とも姉妹とも言える、兄に良く似た従者の少女の姿を思い出せば、
かつて彼女が付けていた仮面の、その表に付いた傷をたどる。

幼かったあの頃には気づけなかった、彼女の秘められた恋心。
彼女を失ってから気づくなんて、皮肉にも程があるわね、なんて。

翡翠の瞳は悲しげな光を隠そうとせずに、揺らいで。
それでも、ぎこちない笑みを浮かべ、小さく呟いた。

「それは、兄様にも言える事だったけれど…ね」


絢爛豪華な舞踏会が終わる間際。
その後の夜を共にせんと「カイザレ」に言い寄ろうとする女達。
今まで身を寄せていた男から身を離せば、壁際の宵闇色を探すも、既に姿は無く。
「カイザレ」は、早々に舞踏会場から立ち去っていた。

目くらましのための馬車に乗れば、すぐに御者は馬を走らせて。
カーテンに遮られた室内で、「カイザレ」は元の少女、「リコリス」へと戻るのだ。
何度も繰り返された変身。
既に慣れきってはいたけれども、やはり元の格好の方が落ち着くと、小さく息を吐いて。
普段から身に着けている簡素な服の裾を直せば、馬車に置いてあった鏡を覗き込む。
そこに映るのは短髪の、紅い目をした、到底主に似ているとは思えない顔立ちの女で。
仮面舞踏会で無ければ通用しないな、と小さく呟けば、傍らの紺色の塊を手にした。
それは、かつて切り落とした彼女自身の髪で作られたカツラだった。
如何なメイドの姿であろうと、主人と近しい髪型であれば疑われると判断して、
彼女が自分で、遠方の床屋へと持っていって作らせたものなのだ。
それを被れば、まるで主とは違う姿のメイド「リコリス」が完成する。

「――まるで、サンドリヨンね」

小さく呟いた彼女は、皮肉めいた笑みを浮かべて続けた。
あぁでも、サンドリヨン自身が王子様でもあるから、到底結ばれることは出来ないわね。
それに、王子様は自身の妹君の元へ、姿を変えてダンスのお誘いをしているもの、と。

宵闇の中を走る馬車の中、少女は解けた魔法を皮肉って笑い、そして深く息を吐いた。

****************************
スポンサーサイト
| 2008/09/23(Tue)23:51 |
| 小説? | comments(0) | trackbacks(0) |
<<惜しみなく愛して惜しみなく憎んであげる(By天野月子【鮫】) │ ホーム │ 大丈夫私は、羊(スケープゴート)です。きっと誰にも、わかりません…(――――!!!)>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
Calendar
« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

aria(アーリア)

  • author:aria(アーリア)
  • 日々躁と鬱の合間を
    行き来している脳みそが
    グールな生物学上♀です。
    おつむりの中は危険です。

    画像は自筆で。

  • RSS

  • まとめ
  • 管理者用
RECENT TRACKBACK
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。