某vocaloidに恋した腐女子のブログです。色々一新しました。ブログ名は前半音楽用語、後半は…まぁ、兄さん的な意味合いで。>一応ブログ主の名前も、音楽用語"歌"より拝借。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
燃え尽き 燃え尽き 戻らない約束の場所(By天野月子『蝶』)
ボカロはどうした、とは突っ込まないでやって下さい。
ariaです←

今日も今日とてオリジナル。
しかも、御鐘たんに送った奴を、多少手直しした奴と言う。

ごめんなさいごめんなさい、ぶたないで!←

ボカロー…書かなきゃとは思うんですが…妄想成分が足りない…←
BIG-ALと幼女マスターもなぁ…
書かなきゃなぁ…書きたいんだけど…どうしよう…ネタと妄想が…

あ、ハロウィンネタとか、クリスマスネタとかか?←あるんじゃねぇか

でも、幼女マスターもアルも、ちゃんと設定できてないからなぁ…
戦闘ものチックなあれは別物です。えぇ、別物です。

ってな訳で、以下はオリジナルBLです。
しかもちょっとチラチラするエロスという←
大丈夫!雰囲気エロスなだけだもん!!本番はかけない!!←←

(―――…馨)
誰かに、呼ばれたような。
そんな気がして、真夜中に目が覚めた。
ずっと、ずっと遠くで呼ばれたような、すぐ耳元で囁かれたような、呼び声が。
外のネオンに照らされた、安宿の寝台の上に身を起こす。
―カチリ…
煙草を吸おうとライターに火を灯せば、赤い情の跡が照らし出される。
傍らに横たわっている相手は、恐らく眠っているのだろう、常とは違い静かだ。
ゆっくりと紫煙を肺に満たしてゆく。
煙草をくわえながら、痛む腰を無視して、ひたひたと窓辺へ足を向ける。
薄布越しには、どこか陰のあるような、それでいて活気に満ちた、
その土地に生きている人々の営みが見え隠れしていた。
まさかこんな異国にやってくるとは、数年前の自分…
学生の頃は、考えもしなかっただろう。
特に、『彼』が居なくなった直後には。
けれど今、自分が居るのは母国たる日本ではない。
中国は香港。煌めかしいネオンの下に、底知れぬ闇を抱えた張り子の街だ。
―ジクリ、左耳が痛む。
この地に自分を攫って来た男が、着いて早々穿った穴。
これが疼く度に、まだ幼かった義弟と義妹の姿が脳裏をよぎる。
 いいや、それだけじゃない。
ずっと探し続けていた『彼』の後ろ姿も、
薄暗い室内にボゥと浮かび上がって見えてくる気がする。
その背が、自分を責めているような気がして、小さく溜め息混じりの紫煙を吐き出した。
(―責められても、仕方ないよね…)
『彼』を探して当て所なくさまよい歩いていた自分が、
今は異国の地を見下ろしているのだから。

『また、考え事か?』
スル、という衣擦れの音と共に、首に腰に腕が巻き付く。
女性の柔らかな腕でなく、しなやかであるも、確実に男のものと解る腕が、
緩やかに、しかし逃れられない力で拘束する。
この腕が自分を求め、こうして拘束してしまうのだ。
自分の身体を、そしてジワジワと、心までも。
求めてくる腕の中は、酷く居心地が良くて。
1人さまよい歩いた夜空の下と比べれば、その温かさは格段に違っていて。
逃れられないと、もがいている間に、こうして異国まで攫われてしまったのだ。
『―馨……無視か?』
クチュリ、耳元に舌を這わされ我に返る。
このまま考え事などに意識を飛ばしていたら
―確実に明日は寝台の上から身動きが取れない、と。
『っ、黒…止めろっ…何回シたと思ってるんだ、アンタは…!!』
身じろぎながら、ほぼ燃え尽きた煙草を灰皿に押し付ける。
そんな些細な事柄も見逃さない男は小さく笑って、
『欲しいんだろ…?』
簡単に自分の身体を抱き上げて、寝台へと放り投げる。
ギシ、と軋んだ寝台の上に寝転がらされて、ネオンに照らされた天井を見上げる。
いや、今にやけた顔の男の姿に変わった。
『―忘れさせて、考え事も、何もかも。』
多分、それを望んでいたのだろうな、と思いながら男の首に腕を回す。
引き寄せればすぐに肌に触れる、自分とは異なる熱。

(―…秋ちゃん…)

愛し始めた男の腕の中で
 今でも好きな貴方の名を
  姿を探し続けるのは愚かだと

君は僕を笑いますか?


もう戻れないだろう、遠い遠い輝かしい日々が
真っ白な光の向こうに霞んでいって。

最後には、見えなくなった。
スポンサーサイト
| 2008/11/04(Tue)09:31 |
| オリジナル | comments(0) | trackbacks(0) |
<<裁きを下し罪に罰与え…て下さい、マジで…!orz │ ホーム │ 惜しみなく愛して惜しみなく憎んであげる(By天野月子【鮫】)>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
Calendar
« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

aria(アーリア)

  • author:aria(アーリア)
  • 日々躁と鬱の合間を
    行き来している脳みそが
    グールな生物学上♀です。
    おつむりの中は危険です。

    画像は自筆で。

  • RSS

  • まとめ
  • 管理者用
RECENT TRACKBACK
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。